Read

専門知識で支える認知症ケア

「認知症」は、代表的なアルツハイマー型をはじめ、レビー小体型、脳血管性などの種類があり、それぞれ初期、中期、末期によって、物忘れから徘徊など症状は異なります。

「アライブケアホーム」では、認知症及び予防知識に関する研修を毎年継続して実施し、専門知識や経験豊富なスタッフが「1.5:1」(※かながわ・品川大井は2.0:1。週37.5時間の常勤換算による)という手厚い配置で24時間のケアを実施。認知症の方は相手が自分にどう接しているかを敏感に感じ取るため、心に寄り添うケアを行うことで、お一人では困難な行為をお手伝いするだけでなく、不安を払拭し、ご入居者が持っている機能や能力を最大限発揮して自分らしく生活いただけるよう努めています。

また、介護記録をシステム化し、そのデータ分析に基づくケアによって、ご入居者ごとのきめ細やかなサービスを実現しています。