Read

健康管理と医療連携で変化にすばやく対応

協力医療機関が月2回以上の訪問診療を実施し、普段の健康状態を管理することで、状態の変化や異変の早期発見機会を増やし、適切な医療を提供。24時間365日体制で医療機関と連絡可能なため、夜間に看護スタッフを配置しなくとも、迅速な医療対応が可能です。

訪問診療では訪問薬局も医師と連携し、薬剤の管理や、適正な飲み合わせなどの服薬を管理。訪問歯科も連携しており、必要に応じて義歯の調整や口腔ケア、摂食嚥下の訓練指導などを実施します。

また、持病の悪化や新たな病気発生の際は、協力医療機関による緊急往診やその指示の下、必要に応じて専門病院への迅速な紹介と医療がとれる体制を整えています。