Read

【ホーム便り】11月 作品展 アライブ久が原

今年も作品展を開催しました。

アクティビティの手工芸や書道、陶芸、フラワーアレンジでご入居者がお作りになった作品の数々が、華やかに1階廊下を彩りました。

こちらは、型紙と和紙をパーツ毎に切り分け、ひとつひとつ美しい和紙で包んで仕上げた作品です。いくつもの工程を、数日かけて根気よく取り組んでおられました。和紙は、何十種類もある中から、皆様お好きな柄や色合いのものをお選びいただきました。

皆様、力強い筆の運びです。月に3回行われる書道の時間は、毎回集中して熱心に取り組まれています。

陶芸はお皿や片口など、やわらかな色合いの作品が揃いました。

通常は生花のアレンジメントですが、作品展では長く楽しめる「押し花アート」を作りました。美しい色合いの繊細な花びらや葉は、ピンセットを使って。

ふんわりやさしい作品になりました。

独特の雰囲気で魅了するコロリアージュ(塗り絵)

色鉛筆だけでなく、刺繍糸やラメ入りのテープ、特殊加工された色紙をアクセントで使用するなど細部にこだわりが。デコパージュのようにして奥行きのある作品に仕上げた方もいらっしゃいました。

 

 

今年も見ごたえのある作品展となりました。

アクティビティを担当してくださっている諸先生方、本当にありがとうございました。

手工芸担当のスタッフも、皆様に喜んでいただけて、リハビリにもなるようアイデアを練って、アクティビティの時間だけでなく、ご入居者の空いている時間を見つけては作品作りのお声掛けをして取り組んでまいりました。

来年もどうぞお楽しみに!