Read

【イベント報告】マスク作りました! アライブ荻窪

毎日、毎日 テレビをつけると「コロナ・コロナ」で、ドライブも中止

講師によるアクティビティも中止、ご家族の来訪も自粛状態のなかでスタッフの一芸を披露したり、頭の体操をしたりして楽しんで頂けるように努めています。中でも極めつけは「無いなら作ろう・どうせならみんなで可愛らしいマスク作ろう」とのお裁縫レクレーションです。

「この道一筋のプロだよ、絵柄もきちんと考えて」

「縫い代は、1cmくらいでいいかな、大昔は何だか忘れたけど作ったわよ」

「こんな綺麗なガーゼ見たことなかったな、マスクは売ってないの?大変な時代になったもんだね。」

「私は3個作ります。孫たちに頑張るように送ってあげるの」

「どう、似合うでしょ、息子の所に送ってあげたいわぁ。

元気やからね、心配しないでね。気いつけてね」

「昔は 娘たちの洋服を私がみんな作ったわよ」

「お裁縫は得意よ、ネコちゃんがスピンしてるの。いくつでも縫ってあげるわよ」

「ゴム紐を通したら完成ね。簡単にできちゃったわよ」

「飴の柄なんて初めてです。このマスク柔らかくて、苦しくなくて

あぁ気持ちいいです。すっばらしいです」