Read

【ホーム長便り】登山大好き新村です。

登山大好き、アライブかながわホーム長の新村です。

 

平成29年8月26日(土)~平成29年8月27日(日)1泊2日で長野県白馬村にある「唐松岳」「五竜岳」に登ってきました。

白馬村と言えば、スキーで有名な場所になり、長野オリンピックが開催された場所でも有名な場所です。

夏場でもジャンプ台ではジャンプ大会が開催されております。

北アルプスに位置する「唐松岳」標高2,696m、八方尾根からケルンと呼ばれる石の塔をいくつか通過して片道4時間程度で登れる比較的初心者の方でも登れる山です。

道中、綺麗な高山植物や八方池があり、丸山ケルンという場所からは白馬岳が眺望できます。

1日目は朝8時位から登山仲間と八方尾根から唐松岳山頂に登り、途中、唐松岳頂上山荘で昼食を済ませ、牛首という鎖場や岩場の稜線を通り、五竜山荘に向かいました(唐松岳から五竜岳に向かう登山道は危険な箇所がいくつかあるので、慎重に進む必要があります)。

 

宿泊する五竜山荘には15時40分頃に到着して手続きを済ませ、山小屋で夕食の自炊をしました。

自炊室という場所があり、ご年配の登山者で賑やかでした(私の隣では東京から来た60歳代後半のご夫婦が仲良くおしゃべりしていました)。。

山小屋の夜は早く、20時には消灯となります。夕食時に登山仲間と夕日を眺めビールやワインで乾杯です。

2日目は、朝日を山頂で見るため3:30に起床して身支度を済ませ4:10五竜山荘を出発して五竜岳山頂を目指しました。

「五竜岳」標高2,814m日本百名山の一つです。

岩場と鎖場がある登山道を進み50分程度で山頂に到着!

残念ながら雲に覆われ朝日ハッキリと見れませんでした。

五竜山荘まで下山し、山小屋で朝食を済ませアルペン平という登山口まで下山です。

下山後は、八方の湯という温泉に浸かり、疲れと汚れを落としました。

長野県と言えば信州そばが有名なので、帰路の途中で信州そばを堪能してきました。

今回は晴天に恵まれ、山の景色や高山植物に魅了されてきました。

 

歩行距離:約20㎞

高低差:約1,000m

次回は、南アルプス「甲斐駒ケ岳」に出掛けてきます!