Read

【ホーム便り】2020目指そうかしら・・ボッチャ楽しいわ 世田谷代田

4月26日、アライブ世田谷代田を会場に「ボッチャ講習会」が開催されました。

「知らない」「聞いたことない」「そんなことやったことない」のご入居の皆様。最初は戸惑いを隠しきれずでしたが、杏林大学一場先生の快活なご指導のもと「とにかくやってみましょう」とボールを手に取り開始。

D様:「あれ、意外と重いボールだね」

A様:「あの、白いボールを目掛けて投げればいいの?」

C様:「投げるの?転がす?え、どっちでもいいの?」

A様:「きゃー、すごくいい場所。〇〇さんやるじゃない」

B様:「あらそんな。偶然よ」

C様「ねぇ、私、立ち上がって投げていい?」

(ホーム長:「僕が後ろで支えますよ。大丈夫。立って投げてください」)

D様:「よーしみてろよ。えいっ。あれ。あっちに行っちゃった」

A様:「私運動したことないから・・。えっこれでいいの」

C様:「パラリンピックの競技ですって。今からやったらみんなでメダルを目指せるかしら(笑)」

ルールがわかりやすく、すぐに結果が見えて、ボールを投げたり蹴ったり出来ればだれでもすぐに参加できる。
上手くいってもいかなくても周囲から大きな声援と称賛の声・声・声

 

サポートしたケアスタッフや看護師たちは

「最初は苦い顔だったけど、やってみたら〇〇様のあんなに大きな笑顔。久しぶりに見ました。」

「認知症の方がルールを理解できるのか不安でしたが、全然問題なかった。」

「入居者同士でハイタッチしたり笑いあったり、本当に楽しそうで、元気をもらった」

「パラリンピック競技、いいですね」

「目で標的をみて、手でボールを持って的に向かって投げる。筋力や身体の総合的なバランスを使ってかつ、楽しい。リハビリにも良さそうですね。〇〇様が自然に立ち上がってボールを転がしたのにはびっくりしました」

ホームの会場からはいつまでも大きな笑い声と声援が響いていました。