Read

【ホーム長便り】感染症予防対策について アライブ品川大井

アライブ品川大井、副ホーム長の坂本です。

暦の上では春が立ちましたが、まだまだ厳しい寒さが続いています。皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

日々のニュースでよくご覧になっているかと思いますが、インフルエンザの流行が急速に拡大しています。東京都からの注意喚起も「注意報レベル」から「流行警報レベル」に引き上げられました。小学校の学級閉鎖数も過去最多ペースで推移しているそうです。

残念ながらアライブ品川大井でも数名のご入居者、スタッフへの感染が発生しました。今のところは適切な二次感染対策や標準感染予防策により感染拡大は防ぐことができておりますが、まだまだ気が抜けない状況が続いてまいります。

インフルエンザは、こまめな手洗いと咳エチケットを行うことが何よりも効果的な感染予防対策となります。咳エチケットとは、厚生労働省が提唱している感染予防策のひとつで、咳やくしゃみをするときはティッシュやハンカチ、あるいは袖口で口元を押さえること(せきやくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着してしまうからです)、咳をしている人にはマスクの着用を促しています。

常日頃よりお願いしている事ではございますが、来館時の手洗いとうがい、マスクの着用などにご協力をお願いいたします。また、くれぐれもお風邪など召されませんよう、休息と栄養・水分を十分に取りご自愛ください。