Read

【ホーム便り】命を救う尊さ アライブ世田谷中町

「目の前で人が倒れている」

もしそういった命の危機に直面するシーンに居合わせた際、

多くの人は「何とかしたいけれど、どうしたらいい?」

と大きく動揺し、あわててしまうのではないでしょうか。

 

つい先日ですが、アライブ世田谷中町のスタッフが、

東京消防庁より、人命救急における感謝状を受け取りました。

 

プライベートで出かけたライブ会場で、一人の人が意識のない状態で目の前に運び出されてきたのを見て、「これは大変だ・・」と駆け寄ったとのこと。

AEDがなかったため、まわりの方に駅から持ってきてもらえるよう頼み、到着するとすぐさま対応。

 

救急隊が駆け付けるまで懸命に処置をして、救急隊に引き継ぎ、その場を後にすることとなりました。

 

後日、ご家族様から

「おかげ様で助かりました」との連絡が入り、そのことをスタッフに伝えると、

「あ、助かったんですね!良かった~」と安堵の様子(スタッフ)

それからまた数日後、

スタッフは東京消防庁からの感謝状を受け取り、ホームに報告をしてくれました。


(消防署にて)

常日頃、人の命を預かる仕事に携わる中での経験と勉強が、

こういった緊張感が走る現場において活かされたこと、そして何より

勇気あるスタッフとその行動を、アライブ中町スタッフ一同、誇りに思っています。