Read

【活動報告】主語は利用者!専門職の連携が利用者の満足を作った話 <その1> 運営本部 地域連携室

〇〇さんと呼ばれて生きてきたのに年齢を重ねやがて生活や健康に不便と不安を感じるようになってくると、利用者の〇〇さん、患者の〇〇さん、と言われるようになりがちです。関わる専門職は皆その〇〇さんが利用者、患者である前に自分らしくいることを選択できるお手伝いをしています。専門分野でバトンを渡しながら連携して、声掛け合って支えた「ちょっといい話」

<1>A病院と在宅支援とアライブ世田谷代田。『お迎えが来るまで自分らしく生きたいから。』

自宅で訪問サービスと通所サービスを受けながら心の自立をもって生活されていたS様。

脳腫瘍で緊急搬送されました。A病院の手厚い医療を受けたものの回復は厳しい状態に。S様の思いを知っていたご家族、訪問介護スタッフ。それを受け止めた病院とソーシャルワーカー。ご自宅では難しい状況でも暮らしの場で過ごしたいと、アライブ世田谷代田にご入居されました。在宅でお手伝いをしていた介護士がホームに足を運び話しかけ手を握る。言葉はなくても表情が安らぎました。アライブ世田谷代田のスタッフはS様が寂しさから不安にならないようS様が大好きという馬の写真を大きく引き伸ばして見えるところに貼って視界を賑やかに。ホームの皆がお声掛けし、S様は気分がよければ起きて馬の写真や花を眺め・・ご入居から10日後、ご家族とホームのスタッフが見守る中、眠るように息を引き取られました。まるで良い夢を見て眠っているような穏やかなお顔でした。

<2>B病院とアライブ世田谷下馬のお話。『私は口から食べたい!』

N様は、アライブ下馬にご入居して2年。米寿を迎え笑顔でお過ごしでしたが脳梗塞によりB病院に救急搬送されました。経口摂取のリスクが高まり入院中に鼻腔栄養。チューブで栄養を摂ることになってしまったのです。退院時に病院からご家族が言われたのは「今後口から食べることは難しいでしょう・・」ご家族としては、一口でもいいから食事をしてもらいたいと思っていましたが、現実としては病院で経口摂取までの機能回復訓練は年齢的な問題もあり難しい状況でした。退院後の暮らしのQOL向上は託されました。ご家族から「リスクも承知しています。でも一口でいいから口から食べさせてあげたい」と施設ケアマネは相談を受けました。介護スタッフに家族の気持ちを伝えると「N様、ご自分で食べる意欲はありますよ!退院してホームに戻って入院前の意欲が戻っているようなんです」と。早速、N様の訪問の主治医、B病院の担当医師で情報連携し、さらに往診の歯科医、ホームの看護師、介護士、理学療法士、そしてケアマネ、ホーム長。さらに厨房の協力体制を敷いて、それぞれが、N様が今、できることとりリスクを共有し口から食べる練習を開始。N様の口から食べようとする意志に合わせて練習を重ねた結果・・・現在は鼻腔のチューブがはずれソフト食を口から食べられるようになりました。N様の満足そうな表情にご家族も大喜び。報告を受けた病院の皆様も心から喜んでくださっています。