Read

【活動報告】アライブの実技研修 その2~アライブ基礎研修Ⅱ~

今回は「アライブ基礎研修Ⅱ」についてご紹介いたします。

この研修は、入職2年以内のスタッフで「アライブ基礎研修Ⅰ」を修了したスタッフを対象に実施しています。「基礎Ⅰ」では、すぐに現場で実践できる基礎的な技術を学びますが、本研修ではより実際の介護場面を想定した応用的な技術を学ぶことが目的です。

ご入居者の状態や必要性を見極め、ベッド上でリラックスできる姿勢を作る。ポジショニングのポイントは、姿勢を整えることと隙間をきちんと埋めること。

 

この研修では、「ケアの根拠」に重点を置いています。ご入居者に対するケアは一律ではありません。人により、季節により、時の経過により、ケアの仕方は変化していきます。そのようななかでも安定的な介護サービスをご提供するために大切なことは、「何故、今このケアを行なっているのか」というケアの根拠をしっかりと理解したうえで行動することです。根拠がきちんと理解できていれば、正しい状況判断と最善の対処方法を選択できるようになります。


浴槽の入出湯介助の実技


ベッド上での更衣ケア

「ケアの根拠」がしっかり理解できるとOJTの際にも役立ちます。理解が浅い事柄は、きちんと人に教えることができません。この研修を受講したスタッフが部下や後輩を教育できるようになること、これも本研修のもう一つの目的でもあるのです。